年1回の特別演習講座を実施しました。(ストーリー講座)

なんという事でしょう!ブログ更新を約半年サボってしまいました・・・。
6期生の募集人数が達するか不安だった4月・・・。募集に向けて色々と手を尽くしている中、開講2週間前に一気に塾生の申し込みが!応募者数23名のうち17名が入塾決定し、(定員15名のところ2名ほどオーバーでしたが)、今年度から布川塾長が主導する「プロデューサー進級コース」という新しいコースも新設し、8名の進級生とともに今年5月に6期スタートいたしました。今もなお1人もリタイアすることなく(仕事で来られない方はいらっしゃいますが)後期を迎えることができました。

先日今年度の演習講座が実施されました。演習講座とは、先生の用意した課題の脚本を基に、絵コンテ、役者への演技指導、撮影、編集といった実写映像制作の一連を実習するという年1回の特別講座です。

参加予定者は最初7人ほどいたのですが、急きょ体調不良や仕事の関係で欠席者が出て、結局4人で行うことになりました。

人数が少ない中、カメラは岡田先生が担当したり(でも腰が痛いいと言ってすぐに手が空いてる塾生に変わってましたが💦)、私も役者の昼食の買い出しなどサポートしました。演習に参加した塾生は演出、本読み、役者の演技指導、カメラの配置、撮影、タイムキーパー、音声などを行わなければならず、1人3役4役をまかなう感じで行い、無事全ての撮影が終了。撮影終了後の役者さんとの反省会では、役者さんからアドバイスを頂いたり、岡田先生の辛口指導もあり、朝の8時~20時までかなりの長丁場でしたが、4名の塾生にとっては良い経験であったと思います。

9/22に4名の演出家が編集した映像VTRの上映会を行いました。
同じ脚本を使っているのに、演出する人によって映像の仕上がりが全然違います。どちらがいいとかではなく脚本の捉え方は様々だということですね。でも皆さん上手く仕上げていました。4名の演出家の許可があれば、その映像をこちらのブログにアップロードしたいなと考えています。(当事者たちはそれを望んではいないようなので多分無理かな・・・)

ともあれ、4名の塾生達お疲れ様でした。